ニキビの治し方

ニキビ跡を改善

食生活が乱れると肌荒れが起こる事から分かるように、肌を美しくするには食べ物がとても大きく関わっています。
肌というのは、コラーゲンやエラスチンでハリを支え、ヒアルロン酸によって水分を保持し、セラミドや天然保湿因子などでバリアを作り刺激から守られています。
これらの成分も肌を構成する細胞もすべて栄養から作られているので、それを摂取できる食べ物はニキビ跡の改善にも重要な働きをしてくれるのです。
ニキビ跡を改善するには、できるだけたくさんの種類の栄養をバランスよく摂ることが基本です。
その上で、改善効果を促進する栄養が含まれる食べ物を摂るようにするといいですね。

 

必須なのがビタミン郡

 

ニキビ跡の改善をするには、ターンオーバーを促進することが第一なので、それに必要な栄養素をチェックしましょう。
まず必須なのがビタミン郡です。
天然保湿因子の生成に必要で、皮膚を正常な状態に保つビタミンA、糖質やタンパク質の代謝を促進するビタミンB2やB6、活性酸素の発生を抑制したり血行促進効果があるビタミンEなどは特に肌の健康に欠かせません。
もちろん、ターンオーバーを促進したり、コラーゲンの生成をサポートしたり、メラニン色素を還元するなどニキビ跡に効果絶大のビタミンCもたっぷり摂りたいですね。
ビタミンAやB2、B6はレバーやうなぎ、大豆食品、ビタミンEはナッツ類や魚卵類、ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれています。

 

コラーゲンの原料となるタンパク質

 

次に肌を構成するアミノ酸に分解されたり、コラーゲンの原料となるタンパク質も重要です。
ターンオーバーは基底層で新しい肌細胞が生成されないと、正常な周期で行われません。
肌細胞はアミノ酸から作られるので、タンパク質が不足するとターンオーバーまで低下してしまいます。
また、肌に弾力がないと、新しく作られた肌細胞を角質層にまで押し上げる力が弱くなってしまいます。
だからこそ、アミノ酸に分解されて肌細胞を作る元となり、さらにコラーゲンを効率よく生成するのに欠かせないタンパク質もたっぷり摂る必要があるのですね。
タンパク質には肉や魚、卵などに含まれる動物性と、大豆食品や乳製品などに含まれる植物性があるので、どちらもバランスよく食べて摂取しましょう。

 

他にも、新陳代謝を高める亜鉛や鉄分などのミネラルも重要なので、レバーや納豆、海藻類などもたくさん摂るようにしましょう。
食べ物を意識的に変えてからは、ニキビ跡のケアの効果がぐっと高くなったので、ちゃんとケアしているのになかなか治らない方は食べ物でのケアも取り入れてみるのがオススメです。

 

ニキビに良い食べ物