ニキビの治し方

ニキビには、初期段階の白ニキビや黒ニキビがあり、この段階で治らないと炎症が起こる赤ニキビ、炎症が悪化して膿が出る黄ニキビへと進行していきます。
白ニキビや黒ニキビの場合は、まだ炎症が起きていないので、盛り上がって目立つ場合は潰しても構いません。
この状態のニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって盛り上がっているだけなので、潰して取り除くことでニキビの進行を防ぐことができます。
ただし、自己流で潰してしまうと毛穴や周りの組織にダメージを与えてしまうことがあるので、白ニキビなどを潰したい方は皮膚科など医療機関で行いましょう。

 

赤にきびは触らない

 

しかし、赤ニキビまで進行してしまったら、絶対に触らない、こすらない、潰さないというのが鉄則です。
炎症を起こしている状態の赤ニキビに強い刺激を与えてしまうと、さらに炎症が広がって真皮層の奥まで達してしまいます。
深層部まで炎症が広がると、周りの肌組織が死滅してしまい膿が出てきます。
この膿は周りの細胞にダメージを与えますし、炎症によって肌組織が破壊されると再生機能も壊滅状態になるため、重度のニキビ跡が出来てしまうのです。
つまり潰すことはニキビ跡の原因となるので、赤ニキビ以降のニキビは絶対に潰してはいけないのですね。

 

また、ニキビを潰してダメージを与えると、肌の防衛機能が働いて皮膚が分厚くなったり、メラニン色素が大量に生成されます。
皮膚が厚くなるとターンオーバーも低下しますし、メラニン色素がたくさん作られたら色素沈着のニキビ跡も出来てしまいます。
このように、ニキビを潰すというのは治った後の肌にあらゆるトラブルを引き起こすのです。

 

ニキビを潰してできるニキビ跡は、肌細胞が再生されないので凸凹のクレーター状のものやケロイド状になります。
これらのニキビ跡は自分で改善するのが難しいため、医療機関での治療が必要です。
自分でケアする方法がないわけではありませんが、死滅した細胞を再生させることはできませんから、セルフケアをしても少し目立たない状態ぐらいまでしか改善できません。

 

ただ、私も経験がありますが、ついひっかいたり寝ている間にさ割ったりして、わざとじゃなく潰れてしまうこともありますよね。
わざとでもうっかりでも潰してしまったら、まず洗い流し患部を清潔な状態にして、保湿でしっかりケアをしてニキビの悪化を防ぐことがニキビ跡回避のポイントです。
とは言え、潰すとほぼ確実に跡が残るので、とにかく潰さないことを心がけましょう。